菊地司法書士事務所トップページ菊地司法書士事務所 「お客様の保護について」菊地司法書士事務所 「ご相談・解決について」菊地司法書士事務所 「事務所概要」菊地司法書士事務所 「ブログ:」
会社のこと



<事例1>
 株式会社を作りたいのですが。

<解決方法>
 株式会社を設立する場合は,会社の基本的な規則を定めた定款を作成し,公証人の認証を得たうえで,設立の登記をします。この登記により,会社が誕生するのです。

 株式会社を設立する場合は,初めに,概ね下記の事項を決めて頂く必要があります。

_饉劼両号
会社の本店所在地
2饉劼量榲
げ饉劼了駛楸
ゲ饉劼量魄(代表取締役,取締役,監査役)

 このうち,2饉劼量榲は,具体性,明確性,適法性等の要件があるため,会社の目的として考えている内容を上記の要件に抵触しないように表現を検討する必要があります。

 げ饉劼了駛楸發砲弔い討蓮ず把禹駛楸眄度が撤廃されたため,資本金が1円でもあれば設立することができます。ただし,設立登記の際の登録免許税等がかかりますので,現実問題としては1円で設立ができるわけではありません。また,資本金の額は株式会社登記簿に記録される(公開される)ため,会社の信用性の面から,ある程度の金額を資本金とすることが多いと思われます。

 ゲ饉劼量魄については,非公開会社(会社の株式を譲渡により取得する場合に,当該会社の一定機関の承認を得る必要のある会社)であって,大会社(資本金5億円以上または負債総額200億円以上の株式会社)以外を設立する場合は,取締役が1名(代表取締役を兼ねる)で監査役を置かなくても会社を設立することができます。また,役員の任期についても定款で決めておく必要があります。役員の任期は,最長で10年まで設定することが可能です。




<事例1>
 会社を継いでくれる長男に,株式の相続でもめさせたくありません。

<解決方法>
 議決権制限株式等種類株式を活用して,相続後の会社経営の安定を維持しつつ,他の相続人に対する相続分も確保するなどが考えられます。

 通常,相続が発生して法定相続によるときは,兄弟間では相続分が平等であるため,株式の相続についても,兄弟間では均等に分散され,将来の会社経営の不安定要因となってしまいます。また,長男にのみ株式を全部相続させてしまうと,後に兄弟間のトラブルを招きかねません。

 そこで,会社の後継者とならない兄弟が取得する株式については議決権制限株式とすることが考えられます。議決権制限株式とは,株主総会での議決権の,全部または一部を制限することを内容とするものです。これにより,会社の株式は兄弟間で平等に相続させると同時に,会社の意思決定については後継者である長男が行うことができるようになります。

 なおほかに,特定の重要事項については必ずその株式を有する株主の賛成を必要とする,とする拒否権付株式(黄金株),特定の株式について特定の権利(例えば数倍の議決権)を付加する,とする比重株,特定の株主(例えば代表取締役)の有する株式について特定の権利を付加する,とするVIP株などの,いろいろな種類株式や新株予約権を活用して事業承継を円滑に進める提案がなされています。



まずは相談を